新型コロナ対策本部が鈴木知事に申し入れ

2020.12.23

 
 私が本部長代行を務める自民党道連、道議会自民党・道民会議議員会の「新型コロナウイルス感染症対策本部」が12月23日、鈴木直道知事に対し、コロナ対策の強化に関する申し入れを行いました。私のほかに田中芳憲幹事長、中野秀敏事務局次長が出席しました。
 冒頭、私から知事に申し入れ書を手渡し、「年末年始には帰省や初詣などで人の移動が増え、医療機関の多くが休業することから、この間の医療提供体制をどうするか、しっかり考えなければならない。全道で苦しい思いをしている事業者への支援も、早急に検討する必要がある。感染者数が減少局面を迎えた今が正念場であるとの認識の下、申し入れ内容を十分に踏まえ、対策に取り組んでいただきたい」と述べました。
 鈴木知事は「医療提供体制の強化やワクチン接種体制の整備に努めるとともに、国に対し、地方創生臨時交付金の重点配分を強く求め、対策を強化したい」と応じました。