道の平成24年度当初予算の編成に関する申し入れ

2012.01.27

2012/1/27
 
 
 
 道の平成24年度当初予算の知事査定を前に、自民党道連は1月26日、高橋はるみ知事に対し予算編成に関する申し入れを行いました。
 申入れには、道連から高橋文明会長代行、岩本剛人幹事長、柿木克弘政調会長、自民党・道民会議から遠藤連議員会長、千葉英守幹事長、石塚正寛政審委員長の6人が出席しました。
 冒頭、高橋会長代行が「本道の経済状況は依然として厳しい。加えて危機的な道の財政状況や、TPP、医師不足、エネルギー問題など多くの諸課題があるが、震災以降、防災対策としての公共事業や、食料、エネルギー、リスク分散など、新たな視点が求められており、本道の特性、優位性を活かす機会でもある。道民の夢や希望がつながる予算にしてほしい」と述べ、申し入れ書を手渡しました。
 引き続き、柿木政調会長が
①東日本大震災以降の各種対応
②社会資本整備のための道投資単独事業費の確保と地場企業への配慮
③観光振興と地方航空路線の維持
④地域の主体性を活かした取り組み支援と国際経済交流の強化、
⑤雇用の維持創出に対する対策強化
⑥新エネルギーの普及・活用と、森林整備の実施
⑦医療福祉対策の充実
⑧農漁業の振興と鳥獣被害対策の強化、
⑨教育施策の充実
―の9本の申し入れ項目について説明しました。
 これに対し、高橋知事は「どれも重要な政策であり、申し入れの内容をしっかり踏まえ、予算を組んでいきたい」などと答えました。 道に対する申し入れ事項の内容は次の通りです。
 1、東日本大震災で影響を受けた、観光需要の喚起、中小企業の経営対策などの強化と、道外被災地に対する支援の充実に引き続き努めるとともに、バックアップ拠点としての役割を果たすため、食料備蓄基地構想、データセンター等の企業誘致促進、各種インフラ整備の強化に必要な予算措置を講じること。
 2、防災対策、経済活動、観光振興、道民生活の向上に資する社会資本整備の着実な推進と、道路や河川等の適切な維持管理を行うよう、道単独事業を含めた公共事業の確保に努めるとともに、地域経済・雇用を下支えするため、早期発注や地場企業への最大限の配慮を図ること。
 3、震災後、減少が続く本州方面からの国内観光客及び海外観光客の需要回復に向け、本道の魅力ある旅行商品の開発や情報発信、プロモーション等について、これまで以上に効果的な取り組みを行うこと。併せて、観光振興に極めて重要な役割を果たす、地方航空路線の維持に向けた取り組みを強化するとともに、観光需要に対応するための、輸送力の向上等を促進すること。
 4、地域の創意と主体性、優位性を活かした取り組みや、地域商業の活性化、中小企業経営に対する支援、人材育成強化について十分な対策と予算措置を講じるとともに、海外の成長需要を獲得するため、国際経済交流を戦略的に展開すること。
 5、若者、中高年、女性の就職促進支援を図るため、「ジョブカフェ」「ジョブサロン」の一体的な運営による地域展開の充実や、就業環境の改善など、雇用の維持・創出に万全の対策を講じること。
 6、わが国のエネルギー需給に寄与し、本道経済の活性化に資する、新エネルギーの普及・活用に向けた施策を強力に推進するとともに、森林整備の着実な推進、環境ビジネスに対する取り組みを積極的に進めること。
 7、少子化対策、高齢者施策、障害者支援など、福祉施策の充実を図るとともに、実態を的確に把握した医師・看護師確保や札幌医科大学の機能強化に向けた取り組みを着実に進めること。
 8、本道の基幹産業である農漁業の振興を着実に進めるとともに、優れた食資源を活かした商品の付加価値向上、流通販売体制の強化、国際競争力強化を図るための十分な予算措置を講じること。また、エゾシカやトドなど鳥獣被害対策を強力に進めること。
  c9、学力・体力の向上や、道徳教育の充実を図るため、幼児教育、特別支援教育、私学振興を含め、教育施策の推進に十分な予算措置を講じること。また、いじめ根絶や心の健康を守る取り組みと、子どもの健全育成に向けた環境整備について、より一層の強化を図ること。