高橋はるみ知事に予算編成に対する申し入れを行いました

2011.01.27

2011/1/27
 
道の平成23年度当初予算の知事査定を前に、自民党道連は1月26日、高橋はるみ知事に予算編成に対する申し入れを行いました。
申し入れには、道連から私、竹内英順、本間勲政調会長、小野寺同筆頭副会長、村田憲俊同副会長、自民党・道民会議から見延順章議員会長、遠藤連幹事長、大谷亨筆頭副会長、内海英徳副会長、柿木克弘政審委員長、中村裕之政審委員長代理の10人が出席しました。
申し入れは、道投資単独事業費の確保と地場企業への配慮、地域の特色を活かした取り組みなど産業活性化への支援、新卒者・再就職者への切れ目ない支援、医療福祉施策の充実、農林水産業の振興、教育施策の充実―の6本が大きな柱になっています。
私が「わが党は道政与党として、道民の生活を守り、豊かな北海道を創り上げるため、知事とともに精一杯力を出しながら、目前に迫る危機を乗り越えていく必要があると強く感じている。申し入れの内容に十分配慮した予算編成としてほしい」と述べて、申し入れ書を知事に手渡し、本間政調会長から申し入れ内容の説明を行いました。
これに対し高橋知事は「厳しい道の経済状況を踏まえ、今ある危機を乗り切るとともに、中長期的な対策にも取り組み、申し入れの内容を踏まえて、しっかりとした予算を組んでいきたい。」などと答えました。
道に対する申し入れ事項の主な内容は次の通りです。
1、道内の景気・雇用情勢の回復を図る観点から、道単独事業を含めた公共事業の確保に取り組むとともに、早期発注や地場企業への最大限の配慮に努めること。
2、食クラスターや農商工連携をはじめ、地域の特色を活かした取り組みを支援するなど、本道経済・産業活性化に資する施策を強力に推進すること。
3、新規学卒者の就職促進や中高年者等の再就職支援など、切れ目ない万全の雇用対策を講じること。
4、少子化対策、高齢者施策、障害者支援など、福祉施策の充実を図るとともに、地域医療の確保や札幌医科大学の機能強化に向けた取り組みを着実に進めること。
5、本道の基幹産業である農林漁業の振興を着実に進めるとともに、野菜価格安定対策や、早急なエゾシカ被害防止対策を講じること。特に、次期パワーアップ事業については、農家負担率を維持し、対象工種を拡充するなど、計画的な推進を図ること。
6、学力の向上や、いじめ根絶に向けた取り組みの強化をはじめ、幼児教育・私学振興、特別支援教育など、教育施策の一層の充実を図ること。