二階俊博幹事長が台風被災地を視察

2016.08.28

竹内英順道連副会長も同行
 
 
 相次ぐ台風などによる大雨の影響で道内各地に被害が出ていることを受けて、二階俊博自民党幹事長は8月28日、深川市と美瑛町の被災地を視察しました。
 視察には、竹内英順道連副会長のほか、今回の被害を受けて道連に設置された台風等大雨被害対策本部長を務める吉川貴盛道連会長代行や高橋はるみ知事が同行し、道路の崩落により通行止めが続いている道道天人峡美瑛線、崩落した美瑛町の九線橋の被害状況などを確認しました。
 二階幹事長は視察後、報道陣に「激甚災害として取り扱うことが(復旧の)第一歩だ」と述べ、激甚災害指定に向けて早期に取り組む考えを示しました。